2011年10月27日

アンパンマン かぞくで!育脳マットDX

アンパンマン かぞくで!育脳マットDX
というので、
4歳の長女と遊んでいます。

だらだらと遊び続けてしまわないように、
雨が降っているときで、お父さんが一緒にいるとき、
という条件を設けて遊んでいます。
(お母さんは、テレビゲームのようなものは余り好きではないので。)

子どもにとっては、
育脳になるかどうかということ以前に、
テレビ画面の中で、自分の動作に応じてアンパンマンなどのキャラクターが動く、
というところが新鮮だったようです。

新鮮すぎて、始めはマットに乗るのも恐る恐るで、
ちょっと失敗すると泣いてしまったり、
「お父さんやって!」
と、交代をせがんできたりしました。

わが子ながら、
臆病者だなと思いました。

ゲーム上のことですが、
失敗して悔しい、上手くいって嬉しい、という体験ができることは、
良いことだろうと思います。

ゲームを上手くできたということが、小さな成功体験にでもなれば、
とも、考えました。



ゲームの内容については、
種類が12種類が操作がマットと赤外線のスティック、
というところが、変化があって面白いなと思います。

欲を言えば、
ソフトでゲームが追加できたらな、
といことと、
ステックに電源スイッチがあればな、
(10分放置すると電源が自動で切れる)
ということを思いました。

設定を「むずかしい」にすると、
大人がやっても息が上がります。
posted by もり at 07:03| Comment(0) | 子供 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。